西村博之さん「嘘を付いてることを認めさせなきゃいけないなぁ…と思ったわけです。」